評判のテレワークブースランキング!口コミで人気のテレワークブースを厳選しました。

オフィスに設置するテレワークブースの選び方のポイントとは?

公開日:2022/07/15


コロナ禍や働き方改革によって、多くの方の働き方が変わったのではないでしょうか。そんな中、テレワークブースが人気を集めています。いざ導入しようと思っても、種類が多すぎてどれを選んだらいいのかわからないとお困りの方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、オフィスで使うテレワークブースの選び方を紹介します。

テレワークブースを導入する企業が増えている!

近年、テレワークブースを導入するオフィスが増えています。ここでは、その理由を解説しましょう。

コロナ禍で注目

新型コロナウイルスの感染が広がってから、今までのように得意先を回ったり、新規開拓するための飛び込み営業ができなくなったりした会社は多いでしょう。その代わりに急速に広がったのがオンライン会議やオンライン商談です。パソコンやスマホさえあればどこにいても会議や商談ができるため、今後も需要があるでしょう。しかしオフィスや自宅、カフェ、シェアオフィスなどではほかに人がいて会議や商談に集中できないかもしれません。

そこで役立つのがテレワークブースです。テレワークブースがあれば、静かな環境で落ち着いてやり取りできます。また、部外者に話を聞かれたくないという場合にも効果的です。テレワークブースがあれば、雑然としたデスク周りの様子が相手に見られることもありません。会議室が空いていなくても、オンラインで会議や商談することができます。

集中できる仕事スペースにも

いつもと違う場所なら集中力が上がり、勉強や仕事がはかどった経験はないでしょうか。いつものデスクとは違う環境で仕事をしたいときにもテレワークブースはおすすめです。テレワークブースに入ると視界に余計な物が入りづらくなります。同僚たちの話し声や機械音なども聞こえづらくなります。ですから、集中して仕事を進めたいときにとても便利な場所なのです。急ぎで資料を作らなければいけないとき、気分転換したいときにもテレワークブースを利用できます。

感染防止にも効果的

いまや在宅でのリモートワークも一般的になりましたが、リモートワークができない職場も多いでしょう。しかし、スタッフ同士の感染防止は徹底したいものです。そんなときにテレワークブースはスタッフごとに利用できるので、感染防止につながります。今後もソーシャルディスタンスが必要とされるでしょうから、テレワークブースは活躍してくれるはずです。

テレワークブースの種類ごとの特徴

会社によってテレワークブースを使う目的はさまざまです。ユーザーのニーズに合わせて種類も豊富に用意されています。ここでは主なタイプの特徴について紹介しましょう。

クローズタイプ

クローズタイプとは、独立した個室タイプです。ドアや壁の一部がガラスになっているタイプが多くあります。天井つきの独立した個室なので、プライバシーをしっかり守れるでしょう。遮音性が高く、周囲の騒音をシャットアウト可能です。また、通話している相手にも声が聞き取りやすいタイプもあります。何かと騒がしいオフィスに、静かで落ちついた環境を用意したい場合におすすめです。

セミクローズタイプ

クローズタイプに似ていますが、天井が開いているのがセミクローズタイプです。完全な密室ではないので半個室タイプといえます。周りの視線を気にせず仕事に集中できますが、多少の雑音などは聞こえてくるでしょう。しかし、クローズタイプに比べるとコストを抑えられます。

オープンタイプ

オープンタイプとは仕切りがついたタイプです。パーテーションで簡易的に仕切っているので、省スペースでも設置できます。価格設定も低めなので、いくつか用意したい場合にぴったりです。気軽に導入できますし、設置も簡単なのがメリットといえます。

オフィスに設置するテレワークブースの選び方のポイント

コストをかけてテレワークブースを導入するのですから、失敗したくないはずです。オフィスにぴったりのタイプを選びたいものでが、どうやって選べばよいのでしょうか。テレワークブースの失敗しない選び方のポイントを紹介しましょう。

目的で選ぶ

使う目的に応じてタイプを選ぶ方法です。たとえば、企業秘密を扱うような重要な会議などで利用したいならクローズタイプがおすすめ。落ちついた環境なので、大切な商談を行うときにも便利です。また、社内スタッフ同士のオンライン打ち合わせのように、多少雑音が入ったりしても構わないのであれば、セミクローズタイプやオープンタイプを選ぶのがよいのではないでしょうか。

使用する人数で選ぶ

大きさで選ぶことも可能です。1人用以外にも2人用、4人用のタイプもあります。スタッフ同士の個人面談や2人だけのミーティングで利用するなら2人用がおすすめです。4人以下の小規模な会議や打ち合わせ、また来訪者との商談などで使う場合は、ゆったりとした4人用のタイプがおすすめ。広いテーブルやモニターつきのタイプもあります。

 

コロナウイルスの感染拡大によって、一気に働き方は多様化しました。それにともない、オンラインワークに便利な製品が登場しました。オンライン商談で結果を出したいとき、機密事項を守りたいときにもテレワークブースがおすすめです。それだけでなく、個人が集中して仕事に取り組みたいときのワークスペースとしても活用できます。使い手のニーズに合わせて各社はさまざまな製品を発表しているので、ぜひ検討してください。

おすすめのテレワークブースランキングTOP5

イメージ1
2
3
4
5
会社名AdvaNceD IoTテレワークブースCocoDeskテレキューブkoloone-bo
特徴高い遮音性で機密性の高いWeb会議も安心!防音パネルを活用した静音個室!累計4,000台以上の設置実績!家具の総合商社が提案するおしゃれで快適なテレワークブース!Zoomとの共同開発の防音仕様製品!
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧