評判のテレワークブースランキング!口コミで人気のテレワークブースを厳選しました。

会社名 株式会社ブイキューブ
所在地 〒108-0072
東京都港区白金一丁目17番3号 NBFプラチナタワー16階(受付)、17階
電話番号 03-4405-2688
代表取締役社長 CEO 間下 直晃
創業 1998年10月
資本金 3,412百万円(2020年12月31日時点)
事業内容 ビジュアルコミュニケーションツールの企画・開発・販売・運用・保守
企業などへのビジュアルコミュニケーションサービスの提供
おすすめポイント累計4,000台以上の設置実績!多様なレイアウト変更にも対応できる個室型ブース

テレキューブは、株式会社ブイキューブが提供する個室型のテレワークブースです。公共機関にも多く採用されている実績があり、これまでに累計4,000台以上も設置されてきました。

高い居住性と換気性能、また優れた防音性を兼ね備え多彩なレイアウト変更にも対応できるのが特徴です。高い防災機能で安心して利用できることでも多くの企業に支持されており、2020年には特許を取得しました。ここではそんなテレキューブについてご紹介していきます。

テレキューブの特徴と仕様

テレキューブの画像2

数多くの会社や公共機関でも使われているテレキューブですが、ここまで多く利用されているのには理由があります。まずはその理由となるテレキューブの特徴と製品の仕様について、くわしく見ていきましょう。

特徴

テレキューブは防音性の高い個室ブースです。周囲を気にすることなくWeb会議や電話、また少人数会議などに活用することができるそうです。防音性が高いブースで気になる換気性能も十分に備えられており、高い居住性を誇るのも特徴でしょう。

また設定場所についての確認や現場立会といったコンサル力もあるため、初めてブースを導入する企業でも安心して依頼できるのも嬉しいポイントではないでしょうか。これまで4,000台以上を設置してきたノウハウを活かしたサポート力、そして柔軟なプランなどで誰でも利用しやすくなっているようです。

そして優れた防災機能を備えていることも、特徴のひとつでしょう。2020年には特許も取得しており、安心して利用できる性能や機能性が証明されています。

標準仕様

テレキューブは標準仕様として下記のような性能、機能が装備されています。すぐに利用できるのも導入しやすいポイントだといえるでしょう。

換気ファン
長時間の会議などでも快適に過ごせるよう、ブースの天井には1人用の場合2個、2人用と4人用の場合には4個の換気ファンが設置されています。1分未満でブース内のすべての空気を換気する性能で、密閉になることを防いでくれるでしょう。

ソファ
耐アルコール性、耐次亜塩素酸ビニールレーザーのソファも標準仕様となっているようです。ソフトな風合いを保ちながらもアルコールや次亜塩素酸ナトリウム溶液に高い耐性を発揮してくれるので、繰り返しの清掃でも劣化しにくいでしょう。

ウイルテクト天板
ブース内に設置されている天板には、抗ウイルスや抗菌性のあるウイルテクト表面材が施されているそうです。また傷や薬品にも強く汚れにくいため、手軽に清掃できるのも利用しやすいポイントでしょう。

テレキューブの画像

テレキューブ

累計4,000台以上の設置実績!多様なレイアウト変更にも対応できる個室型ブース

公式サイトで詳細を見る

テレキューブの価格やプランについて

テレキューブの画像3

すぐに利用開始できる安心の標準仕様で人気のテレキューブ。気になるのはその価格ではないでしょうか。製品は大きさなどの異なる3種類が用意されているため、それぞれの価格をご紹介します。また便利なサブスクリプションプランについても見ていきましょう。

スチール製 ソロ

スチール製ソロは、コンパクトな1人用のブースです。Web会議や電話での商談など、周囲の音を気にせずに利用したい場合や、集中して作業をしたい場合に最適だそうです。

外寸:幅1200mm×奥行き1200mm×高さ2315mm
重量:約352kg
希望小売価格:オープン価格
サブスクリプション月額:4万9,280円(税込)

スチール製 グループ1型

スチール製 グループ1型は、テーブル1台と向かい合ってソファが設置されている少人数での利用に向いているタイプです。テーブル越しにある程度の距離ができるので、対面形式の会議やミーティングにも向いているそうです。

外寸:幅2400mm × 奥行1200mm × 高さ2315mm
重量:約580kg
希望小売価格:オープン価格
サブスクリプション月額:8万2,280円(税込)

スチール製 グループ2型

スチール製 グループ2型は、グループ1型よりも奥行きが広いタイプです。テーブル1台とソファが向かい合って設置されており、4名程度の少人数ミーティングやモニターを利用したチームディスカッションなどに向いているでしょう。

外寸:幅2000mm × 奥行1600mm × 高さ2315mm
重量:約636kg
希望小売価格:オープン価格
サブスクリプション月額:9万3,280円(税込)

サブスクリプションについて

月額固定で利用できるサブスクリプションはお試し利用に向いている方法となっており、サブスクリプションの場合は下記のようなメリットがあります。

・頭金不要
・契約期間終了後に延長や返却、購入も可能
・レンタル感覚で導入できる
・アフターケアも完備

サブスクリプションの場合のの仕様はすべてのタイプで共通しており、下記のようになっています。

カラー:ネオホワイト
卓上コンセント:電源、スイッチ、LAN

テレキューブは体験や見学もできる

テレキューブの画像4

実際に使ってみてからでないと導入を決められないという方のために、テレキューブは体験や見学にも対応しています。東京と大阪の各1か所で、ソロタイプとグループタイプのテレキューブが設置された体験会場が利用できます

実際にテレキューブに入室して、座り心地や換気などを確認することができるだけではなく専任スタッフが案内してくれ設置や費用などの相談もできるようになっています。実際に入室してみると利用のイメージが湧きやすく導入する際の参考になるでしょう。

体験はどちらの会場も平日9時~18時で開催されており、事前の予約が必要だそうです。これから導入を検討している、テレキューブに決めているけれど実物も見てみたいという方はぜひ申し込んでみてはいかがでしょうか。

まずは資料請求をしてみよう

豊富な設置実績があり、公共機関でも使用されているテレキューブが気になる方は、まずは公式サイトをチェックし、お問い合わせや資料請求をしてみましょう。公式サイトにはこれまでに導入した企業なども掲載されており、どのような場面で活用されているかを知ることもできます。

またテレキューブを提供している株式会社ブイキューブでは、さまざまなWebセミナーも開催しているようです。個室ブースのオンライン体験セミナーなどもおこなわれているので、まずはこちらに参加して導入することのメリットなど詳しい話を聞いてみることをおすすめします。

そして実際に触れてから決めたい方は、ぜひ見学への申し込みをしてテレキューブを体験してみてください。Web会議やテレワークの環境を整えたいのなら、ぜひテレキューブの導入を検討されてはいかがでしょうか。

テレキューブの画像

テレキューブ

累計4,000台以上の設置実績!多様なレイアウト変更にも対応できる個室型ブース

公式サイトで詳細を見る
サイト内検索
記事一覧

おすすめのテレワークブースランキングTOP5

イメージ1
2
3
4
5
会社名AdvaNceD IoTテレワークブースCocoDeskテレキューブkoloone-bo
特徴高い遮音性で機密性の高いWeb会議も安心!防音パネルを活用した静音個室!累計4,000台以上の設置実績!家具の総合商社が提案するおしゃれで快適なテレワークブース!Zoomとの共同開発の防音仕様製品!
詳細リンク