評判のテレワークブースランキング!口コミで人気のテレワークブースを厳選しました。

kolo(コロ)の画像1

会社名 株式会社関家具
所在地 【東京支店】
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17TOCビル9F 15区画
電話番号 03-6420-3548
代表者 代表取締役 関 文彦
資本金 1億5000万円(資本準備金含む)
事業内容 家具・インテリア・住関連商品企画販売
おすすめポイント家具の総合商社が提案するおしゃれで快適なテレワークブース!防音性も抜群

Koloは一般家庭向け家具の卸販売をはじめ、ホテル、レストランやカフェなどの飲食店、ハウスメーカーや工務店などへの家具インテリア、空間設計などを行っている関家具が提供しているテレワークブースです。

家具の総合商社ならではのセンスで、おしゃれでありながら防音性が高く快適に過ごせる設計が特徴でしょう。オフィスや公共施設、カフェやラウンジなどさまざまな場所への導入が可能でカラーも豊富。ここではそんなKoloについてご紹介していきます。

Koloの特徴

kolo(コロ)の画像2

Koloは名前のようにころっとした印象の可愛らしい見た目が大きな特徴ですが、そのほかにもさまざまな特徴があります。ここでは、魅力的なKoloの特徴についてご紹介していきます。

防音設計

高い遮音性と吸音性で、集中しやすい環境を作ってくれるそうです。Web会議や商談などはもちろん、集中スペースやプライベートゾーンの確保としても最適でしょう。周囲の声や人目を気にする必要もありません。

換気

天井に取り付けられているファンによって、入室中は常時換気がされています。つねに新鮮な空気を取り入れており、長時間の会議や作業でも息苦しさなどを感じることなく利用できるでしょう。

簡単組立

台数や設置場所などの条件にもよりますが、Koloは最短3時間で設置ができる簡単組立可能な仕様になっています。設置時にスペースを長時間占有しないため、設置のための時間をとりにくいという会社でも安心です。

工事不要

オプションの住宅用下方放出型自動消火装置を設置し、内装を不燃仕上げにすることで工事不要での設置が可能なのも特徴でしょう。この自動消火装置はモリタ宮田工業と関家具が共同開発した、オープンブース用の消火装置となっています。

kolo(コロ)の画像

kolo

家具の総合商社が提案するおしゃれで快適なテレワークブース!防音性も抜群

公式サイトで詳細を見る

koloの設備について

kolo(コロ)の画像3

さまざまな特徴からテレワークブースとしてとても使いやすいKoloですが、さらに使いやすさを感じられるのはその設備です。ここからはKoloに設置されている便利な設備について、くわしく見ていきましょう。

換気ファン

換気ファンは人感センサーによって自動でオンとオフになる仕組みになっています。利用者に直接風が当たらない仕様になっており、ブース内の空気をつねに循環してくれ清潔な空気の中で仕事をすることができます。

LEDライト

換気ファンを動かすセンサーは、LEDライトとも連動しています。LEDライト自体はパネルで調光と調色が可能で、気分や用途に合わせて明るさや色を変えることができます。Web会議などの際も顔をきれいに見せてくれる光に調整できるのは嬉しいポイントです。

電源

コンセント2口と、USBポート、LANも設備として取り付けられています。ノートパソコンを持ち込んでの仕事や、スマホを充電しながらの仕事も可能でしょう。外側のコンセントコードは本体側面のスチール部分から出るようになっており、2.5mと十分な長さが確保されています。

素材など

手が触れやすい部分はスチールになっており、お手入れしやすいのも特徴です。またドアは前面ガラス張りで、飛散防止フィルム付きなので万が一の際でも安心でしょう。さらに天井や壁面、床は吸音材を使用しているので、中で音声が反響しづらくWeb会議などにも利用しやすくなっています。

koloの選べるスタイル

kolo(コロ)の画像4

Koloは3種類の大きさと豊富なカラー展開で、さまざまなインテリアにマッチさせることができます。ここでは、そんなKoloの種類とそれぞれの仕様についてご紹介していきます。

Solo(ソロ)

Soloはコンパクトながら1人での利用に十分な大きさと設備が整えられたブースです。狭いオフィスなどでも設置しやすく、ドアとその向かい合う壁面がガラスになっており開放感を感じられるでしょう。

外寸:幅1,000mm×奥行き1,000mm×高さ2,264mm
テーブル:幅800mm×奥行き300mm×高さ940mm
重さ:265kg
カラー:ホワイト、ブラック
別注色(パネル):ホワイト、ブラック、グレー、グリーン、レッド、クリーム、パステルブルー、ネイビーブルー
価格:ホワイト/ブラック 109万8,900円(税込)、別注色 175万8,900円(税込)
オプション:バーチェア 3万3,000円(税込)、耐震仕様 2万2,000円(税込)

Midi(ミディ)

MidiはSoloよりもゆったりとしたつくりになっているブースです。オプションでソファやテーブルを追加することもでき、荷物が多い場合や資料を広げて作業する場合に適しているでしょう。

外寸:幅1,600mm×奥行き1,220mm×高さ2,264mm
重さ:372kg
カラー:ホワイト、ブラック
別注色(パネル):ホワイト、ブラック、グレー、グリーン、レッド、クリーム、パステルブルー、ネイビーブルー
価格:スタンダード 208万8,900円(税込)、消火装置付き 266万6,400円(税込)
オプション:ソファ・テーブルセット 22万5,500円(税込)、耐震仕様 4万4,000円(税込)

Duo(デュオ)

Duoは2名以上の利用が可能な一番大きいタイプのブースです。テーブルと向かい合ってソファを設置することができ、面談や商談などにも利用することができるでしょう。

外寸:幅2,200mm×奥行き1,220mm×高さ2,264mm
重さ:523kg
カラー:ホワイト、ブラック
別注色(パネル):ホワイト、ブラック、グレー、グリーン、レッド、クリーム、パステルブルー、ネイビーブルー
価格:スタンダード 296万8,900円(税込)、消火装置付き 357万3,900円(税込)
オプション:ソファ・テーブルセット 33万円(税込)、耐震仕様 4万4,000円(税込)

まずはお問い合わせをしてみよう

見た目のおしゃれさ、そしてWeb会議などでも利用しやすい充実の設備を整えたKoloが気になったら、まずは公式サイトをチェックしてみましょう。サイトからはお問い合わせや見積もりの依頼ができるので、さらに詳しく知りたい方はお問い合わせをしてみてください。

また新しいシリーズとして、「Milli(ミリ)」も発売されました。これは天井が低いオフィスでも導入しやすい高さをコンパクトにしたタイプで、キャスター付きのため移動できるようになっています。オフィスのレイアウト変更にも柔軟に対応できる仕様でしょう。

さまざまなカラーやオプションでオフィスに最適な選択ができるKoloのシリーズを、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

kolo(コロ)の画像

kolo

家具の総合商社が提案するおしゃれで快適なテレワークブース!防音性も抜群

公式サイトで詳細を見る
サイト内検索
記事一覧

おすすめのテレワークブースランキングTOP5

イメージ1
2
3
4
5
会社名AdvaNceD IoTテレワークブースCocoDeskテレキューブkoloone-bo
特徴高い遮音性で機密性の高いWeb会議も安心!防音パネルを活用した静音個室!累計4,000台以上の設置実績!家具の総合商社が提案するおしゃれで快適なテレワークブース!Zoomとの共同開発の防音仕様製品!
詳細リンク